ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

長丸穴の寸法は、「穴の中心までの寸法と穴の寸法」を指示する

before

長丸穴の寸法は、「穴の中心までの寸法と穴の寸法」を指示するbefore

上図はフライスで加工することを前提とした図面の描き方になっています。長丸穴を加工する場合、フライスを使うのであれば、「R中心までの寸法と直線部分の長さの寸法」を指示する図面が望ましいです。板金加工によって長丸穴を加工するのであれば、工程自体が異なるため、プログラムや検査で手間や工数が増えてしまいます。

矢印

after

長丸穴の寸法は、「穴の中心までの寸法と穴の寸法」を指示するafter

板金加工を前提とした図面では、「穴の中心までの寸法と穴の寸法」を指示します。板金用の図面で描けば不具合も減りコストダウンに繋がります。板金加工と機械加工、いずれの加工方法で製品を加工するのか、あらかじめ理解しておき、指示の仕方を使い分けることでミスや余分な手間を防ぐことができます。

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました