ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

精密板金職人こだわりVA提案

定格遮断容量(短絡容量)

遮断器規格のJIS C 8201-2-1、JIS C 8201-2-2及びIEC60947-2に規定されている遮断容量です。

1.Icu(Rated ultimate short-circuit:定格限界遮断容量)
遮断責務:O−3分以上−CO

2.Ics(Rated service short-circuit:定格使用遮断容量)
遮断責務:O−3分以上−CO−3分以上−CO

-試験責務-
O(open)責務 :遮断器はON状態で負荷回路を短絡し遮断する。(使用中の短絡事故発生を想定した責務)
CO(close-open)責務:遮断器はOFFの状態から、予め短絡した回路に遮断器を投入して遮断する。(トリップ後の再投入で短絡事故が発生することを想定した責務)

 

Icuは従来JIS(JIS C 8730やJIS C 8731)に規定されていた定格遮断容量Icnに相当し、通常の選定ではIcu値を使用します。

 

定格遮断容量を考慮せずに遮断機を選定した場合、定格遮断容量を上回る電流が流れた場合、遮断機の破損または、遮断機内でのアーク発生により通電状態となり、2次側の機器が破損するだけでなく、短絡要因が人であった場合は最悪死亡する可能性がある。

ブレーカー選定の際は、定格電流と共に注意したい仕様の内の一つである。

濃度について

質量パーセント濃度、モル濃度はどちらも溶液中の割合を示すものです。

質量パーセント濃度・・溶液全体の質量に対する溶質の質量の割合を百分率で示したもの

質量パーセント濃度(%)=溶質の質量(g)÷溶液の質量(g)×100

モル濃度・・溶液全体の体積に対する溶質の物質量の割合を示したもの

モル濃度(mol/L)=溶質の物質量(mol)÷溶液の体積(L)

1 / 212