ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

穴基準や形状基準ではなく端面基準による製図作成でコストを下げる

before

穴基準や形状基準ではなく端面基準による製図作成でコストを下げるbefore

一般的な検査器具を使って検査する部品は、部品が穴基準や形状基準で設計されていた場合、すべての寸法を計算しながら検査する必要があります。計算に必要な時間コストの増大だけでなく、計算ミスが発生した場合には、品質異常を起こす原因にも繋がりかねません。

矢印

after

穴基準や形状基準ではなく端面基準による製図作成でコストを下げるafter

一般的な検査器具を使って検査できる製品は、端面基準の図面の方が計算する時間と手間がなくなります。図面も見やすく勘違いが少ないため、品質異常に気付きやすく、不適合品の流出を抑えることができます。