ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

精密板金加工とは

1.精密板金が活躍する様々な業界

 精密板金によって製作される製品は、様々な業界で使用されています。例えば会社や工場で使用されているロッカーなどの箱物は、すべて一枚の板から製作されています。使用される材質はステンレス・アルミ・鉄などの材料が多く使用されており、それが使用される環境や用途によって使用される材料も最適なものが選ばれています。

 たとえば、ステンレスは医療機器や食品機械、あるいは半導体製造装置などの業界で多く用いられますし、鉄系のものは一般家電・OA製品、あるいは工作機械などの産業機械で多く採用されています。アルミについては用途が限定されますが、軽量かつ剛性が高いという理由から、航空機や人工衛星などの航空宇宙分野などの分野で採用されるケースが増えています。

2.精密板金における様々な加工方法

 精密板金加工では、鉄やステンレス、アルミなどの金属・非鉄金属の一枚の板から製品を立体的に作り上げます。そのため、目的とする形状に仕上げるために、加工方法としては大きく「抜き」「曲げ」「溶接」「組立」という4つの加工方法に分類することができます。これらの方法は下記で説明するような様々な機器を用いて加工されます。

3.精密板金で使用される様々な加工用機器

 精密板金では、下記のような様々な機器を用いて、抜き・曲げなどの加工が行われます。

  • レーザー加工機イメージレーザー加工機
  • ターレットパンチプレスイメージターレットパンチプレス
  • プレス加工機<イメージプレス加工機
  • プレスブレーキイメージプレスブレーキ
  • 溶接イメージ溶 接
  • 組立イメージ組 立
VE/VE技術ハンドブックを無料プレゼント