ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

(1)・・・人工衛星配電用BOX

項目 詳細
業界 航空宇宙
名称 人工衛星配電用BOX
用途 通信・電子機器の保護
材質 アルミニウム A5052
板厚 t = 1.5mm、3.0mm
製品サイズ 200×120×150mm
精度 ±0.2mm
製作ロット 1個~
製作期間 2~3日
加工技術 曲げ加工、ネジ止め
特記事項 過酷な環境下でも使用できるよう加工方法を考慮
本製品は、人工衛星の配電用に用いられるアルミ製のカバーであり、は内部に組み付ける機器の組立スペースを確保できるように設計されています。アルミは軽量で堅固という特性を持ちますが、加工においては通常の曲げ加工を行ってもクラックが入りやすいという特性を持っています。そのため、宇宙空間で使用されるという人工衛星では予想外の振動によって曲げ部に負荷がかかる可能性があるため、加工方法においても様々な対策を施しています。たとえば、曲げ加工を行う部分にクラックが入らないようにRを大きくとってR曲げを行っています。また、ネジ留め部に関しても通常のネジであればアルミニウムの場合は締め付けすぎるとねじ山が破損する可能性があるため、ヘリサートと呼ばれる部品を用いて破損を防ぐような対策を行っています。さらに、特に人工衛星の発射時には振動が激しいため、ネジが緩んでしまうこともあるので、ゆるみ止めとして嫌気固着材を用いたり、あるいは金属片などが電子機器に悪影響を及ぼさないように、バリ取り・洗浄を徹底しております。