ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

長尺のR形状加工

項目 詳細
業界 工作機械業界
名称 本体側面カバー
用途 工作機械の外観カバー
材質 SPCC
板厚 t=1.6mm
製品サイズ 2500mm×80mm×80mm
精度 JIS B 0408
製作ロット 1個
製作期間 10日
加工技術 R形状加工
特記事項 徐々に変化するRに対して正確に加工する
この試作板金は工作機械向けの外観保護用のカバーです。
この試作板金はSPCCを使用し、R形状を加工しています。
本事例のような、徐々に変化する長尺な製品に対して寸法通りのR形状に加工する試作品は、非常に難易度が高いです。通常大きな製品のR形状加工は、プレスブレーキを使用し、プログラムをすれば加工可能なのですが、長尺の製品においてはばらつきがあり、寸法が出ないことが多々あります。
しかし、当社においては本製品のように長尺のR形状加工においても現場の技術力とこまめなチェックにより加工を実現しています。

精密板金加工に関する
技術相談室

0266-22-5502
FAX 0266-22-3879
お問合わせ

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました