板金 ボックス

ボックスの板金加工における設計・製作のポイント

①板厚は薄くてもいいが、サイズが大きくなると歪みが発生しやすくなるため考慮が必要
ボックスにおいて歪み等の発生を可能な限り抑制することは重要ですが、板厚が薄いと、溶接・曲げ加工時に歪み・反りが発生しやすくなる傾向があります。そのため、ワークサイズを鑑みて、一定以上の板厚で設計するようにしましょう。具体的な例を挙げると、ワークサイズ:500×500mmの場合であると、板厚:2mm以下だと歪みが発生しやすくなります。

②ステンレス材の場合は、ファイバー溶接により外観を良く見せるように工夫
ボックスは、外観性が求められることが多くあります。そのため当社では、ファイバー溶接を活用し、外観を良く見せるように工夫をしています。溶接加工によっては、外観性や強度性など、製品の使用用途によって使い分ける必要があります。当社では、精密板金加工の豊富な実績があるため、最適な接合方法を選択し、お客様への提案も行っております。

③極力、溶接する箇所を減らすように、曲げ加工を用いて一体構造
上記で説明したように、外観性が求められるため、極力、溶接箇所を減らすような加工方法を選定しています。溶接をすると、外観性が低くなる場合もあり、コストも上がってしまいます。そのため、当社では、曲げ加工やリベットにより一体構造により溶接箇所を減らしています。

板金ボックス 製品事例

精密板金ひらめき.comを運営するCRESTPRECISIONでは、これまで様々なボックスの精密板金加工を手掛けてきました。 下記にてその一例をご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。写真をクリックして頂くと詳細が表示されます。

精密板金加工のご依頼・お問い合わせはこちら!

精密板金ひらめき.comの板金 ボックスが選ばれる理由

  • 理由1

    【最短当日出荷】超短納期対応が可能!

  • 理由2

    各種VA・VE提案により、コストダウン、品質向上を実現!

  • 理由3

    傷等がない美しい外観の製品を製作!

ボックスの精密板金 に関するよくある質問

精密板金ひらめき.comがボックスの精密板金のご依頼を頂く際に、皆様から寄せられる質問をまとめました。
ボックスの精密板金をご検討される際に参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

精密板金加工のご依頼・お問い合わせはこちら!

精密板金加工に関する
技術相談室

0266-22-5502
FAX 0266-22-3879
お問合わせ