ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

アルミ筐体(精密板金)

項目 詳細
業界 -
名称 アルミ筐体
用途 筐体
材質 A5052
板厚 t = 3.0mm・5.0mm
製品サイズ 900mm×800mm×800mm
精度 -
製作ロット 1個
製作期間 -
加工技術 TIG溶接
特記事項
このアルミ筐体は、板厚3.0mmと5.0mmのアルミA5052を用いて、TIG溶接で製作したものです。アルミ筐体の本体部分には3.0mm厚のアルミを使い、写真にある取付金具には5.0mmのものを使用し、溶接棒を使ってTIGで肉盛溶接を行っています。このほか、アルミ筐体全体は守秘義務上お見せできませんが、歪みを防止するためにTIG溶接とファイバーレーザー溶接を使い分けております。ファイバーレーザー溶接は薄板溶接に使用するものと捉えられがちですが、当社では薄板はもちろん、アルミの中板(3~5mm程度)にも適時使用しております。さらにTIG溶接と合わせて使用することで、低歪みと強度を兼ね備えたアルミ筐体をご提供しています。

精密板金加工に関する
技術相談室

0266-22-5502
FAX 0266-22-3879
お問合わせ