ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

SECC製コントロールBOXカバー

項目 詳細
業界 AV機器
名称 カバー
用途 コントロールBOX
材質 SECC
板厚 t = 1.2mm
製品サイズ 350mm×220mm×55mm
精度 ±0.2mm
製作ロット 10個
製作期間 2日
加工技術 ブランク、曲げ、ダイレスフォーミング
特記事項 ダイレスフォーミングによりコスト・納期を圧縮
この試作板金は、当社が保有するファイバーレーザー複合機を用いてブランク加工を行った後、カバー中央部に絞り加工を行ってから、曲げを行い完成品に仕上げたものです。中央部の絞り加工は、写真をご覧頂くとお分かり頂けるようにかなり範囲の大きい絞りを行っています。通常、こうした絞り加工は大きなトン数のプレス機で、いわゆる金型を使った絞り加工がどうしても必要となります。その点、精密板金コストダウン.comでは、金型を使わないダイレスフォーミングと呼ばれる加工方法で、金型無し・大きなプレス加工機無しで絞り加工を行っています。
精密板金コストダウン.comでは、この試作板金(カバー)のような、通常であれば設備の制約があるものでも、加工方法を工夫することでイニシャルコストの低減および製造リードタイムの短縮を行うことで、試作板金に求められるニーズに対応しています。

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました