ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

SECC製コピー機ベース

項目 詳細
業界 産業機器
名称 (試作板金)ベース
用途 コピー機
材質 SECC
板厚 t=1.2mm
製品サイズ 400mm×120mm×7mm
精度 ±0.2mm
製作ロット 3個
製作期間 3日
加工技術 ブランク、曲げ、ダイレスフォーミング
特記事項 ダイレスフォーミングによりコスト・納期を圧縮
この試作板金(ベース)は、精密板金ひらめき.comが有するダイレスフォーミングで加工を行ったもので、片側だけ絞り加工を行っている、という点が特徴です。絞り加工は、精度の高いプレス加工機と金型を使っても片側のみ絞り加工を行うことは難しいのですが、その難しい絞り加工を金型も高精度なプレス機も用いない、ダイレスフォーミングという絞り加工技術で対応できている、ということがポイントです。
このダイレスフォーミング技術は、プレス加工で用いられる金型を使った場合に比較してイニシャルコストは1/4程度になるのが通常ですが、今回の試作板金(ベース)は、写真をご覧頂くとお分かり頂けるように絞りの範囲が広いので、さらなるイニシャルコストの低減が可能となっています。精密板金ひらめき.comは、ダイレスフォーミングという技術を応用して、試作板金におけるコスト低減とリードタイム短縮のご要望にお応えして参ります。

精密板金加工に関する
技術相談室

0266-22-5502
FAX 0266-22-3879
お問合わせ

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました