ステンレスなどの精密板金・プレス加工におけるイニシャルコストとトータルコスト低減に役立つVA・VEコストダウン技術情報発信サイト

ステンレス製配線ケース(試作板金)

項目 詳細
業界 半導体業界
名称 (試作板金)半導体製造装置配線ケース
用途 ケーブルを保護するケース
材質 SUS
板厚 t=2.0mm
製品サイズ 300mm×145mm×45mm
精度 JIS B 0408
製作ロット 1個
製作期間 5日
加工技術 ステンレス突き合わせ溶接
特記事項 角の溶接を曲げRに近づけた溶接を提供しています。
この試作板金は、半導体製造装置につける配線を保護するためののケースです。
配線のケースで試作板金の空洞の中にケーブルが通るようになります。
この試作板金はステンレスを使用し、突合せ溶接によって加工をしています。
角の溶接を曲げRに近づけることにより、溶接工程を半減でき、
かつ部品点数も削減することが可能となり、コストダウンを行うことができます。
板をグラインダ等で削ってR に仕上げる必要がありますが、
ひずみを考慮するとこの方が品質・コストともに有利です。
試作板金を得意とするCREST PRESICION株式会社では、
この試作板金のようなステンレスを使った板厚の薄く難易度の高い加工や溶接も対応しております。
また、培ってきた経験と実績による豊富な知識から、試作後の量産に必要な品質・納期までの
効率のよい生産・コストダウンをするために形状変更などのVA/VE提案も可能です。

精密板金加工に関する
技術相談室

0266-22-5502
FAX 0266-22-3879
お問合わせ